ポプラ薬局 川奈店 稲葉悟

【今の仕事で力を入れていること】
透析患者さんの対応をすることが多いので、その状況把握、適切な対応をしていくための判断にはものすごく気を遣っています。
今出ている薬に重複がないか、臨時薬が出ていなかいか、血圧が下がりすぎていないかなど、様々な面から患者さんの状況を判断していきます。そうしないと、透析を受けられている患者さんたちは薬の利きなどにより、体がかゆくなってしまうような直接的な反応が出てしまい、日常生活に支障が出てしまう可能性があります。
CIMG1337.JPG
うちに来てくれた患者さんには徹底的に親身になり、日常生活のことやその対応策を考えるようにしています。
内容は非常にシンプルですが、意外とやりきれていないケースも多いのではないでしょうか。
時には腎機能の数値なども見させていただいて、医師に疑義照会をして、薬の量を減らすような提案もしています。
これからも目先のことだけでなく、患者さんの先々のことも考えて対応できる薬剤師でありたいと思っています。

CIMG1349.JPG
【薬剤師としてやりがいを感じるのはどんな時か?】
上記の内容とも重なってくるのですが、定期的にいらっしゃる患者さんの病気の進行具合を一緒に見ていきながら、医師の目の届かない部分でのサポート、フォローができ、それを喜ばれると嬉しいです。
そのような対応を続けていくと、患者さんから自然と「医師にも看護師にも言えないんだけど・・・」という秘密の相談が増えてきます。
そういう形で患者さんとの信頼関係が構築されると、薬剤師としての仕事の幅の広さ、深さを感じることができ、それがさらなるやりがいになっています。

【働いているうえで大切にしていること】
薬の説明の伝え方には注意をしています。
専門用語を使いすぎないようにするのはもちろんのこと、門前
の医師の処方意図を把握して、その意図に沿っていかに分かりやすく伝えてあげるかを意識しています。
あとは、そのような話に聞く耳を持ってもらうために、普段は世間話、テレビの話、健康の話、家族の話など本当に色々なことを話しています。
CIMG1346.JPG
話をすれば、するほど、深い話ができるようになるので、本当に面白いです。