ポプラ薬局 湯河原中央店 下沢真木子

【転職の理由】
以前は化粧品会社の研究開発を行っていて、それ自体もやりがいのあるお仕事でした。
ですが、ある日、父が飲んでいる薬の説明すらできないくらい知識がなくなってしまっている自分に気づきました。
湯河原中央店 勤務薬剤師 下沢真木子.JPG
そんな折、大震災が起きて、医療が多くの方に必要とされるようなシーンがあっても、今の自分では何も役に立てないと思い、患者さんに近い場所で寄り添い、その生活をサポートできる薬局に転職することを決意しました。

CIMG1124.JPG
【ポプラ薬局に入って感じたこと】
一番良かったことは、患者さんの距離の近さです。
薬のことはもちろん、「この前テレビでやってたあれって聞くの?」、「最近、腰が痛くて・・・」、「寝付けないだよね」みたいな感じで、体調や食事などの自分の健康に関わること、果ては家族の介護に関する悩みの相談に乗るような深い関係が築け、信頼されているのがいいな~と思いました。
まさにポプラファミリーというだけあって、患者さんとの仲も良く、家族のようなぬくもりが感じられる職場です。
もちろん、調剤経験の少ない自分にも、先輩薬剤師さんが親身に丁寧に色々と教えてくれたので、安心して働くことができました。

【薬剤師としてのやりがい】
やはり色々な相談を受け、それに応えていくことですね。
この前来てくれた患者さんも一人暮らしのお年寄りで、良く話を聞くと、準備が億劫なことから食事の品数が減り、好きなものばかり食べるようになってしまっているとのことでした。
ですが、そういう食事の仕方が高血圧や糖尿病につながってしまっていたので、薬を飲むことはもちろんですが、食事自体も変えていくようにアドバイスさせていただきました。
CIMG1129.JPG
それがきっかけで食生活を見直してくれて、体調も良くなり、薬も減ったと喜んでもらえました。